何歳からでも英語は話せるようになります。

ゼロからスタートの方も成果が出るレッスン内容です。

どんなレベルの方でも安心して学べるように丁寧にサポートいたします。

英語学習やレッスンに関するご質問はメールでなんでも聞いてください。

体験レッスンをぜひお試しください

FullSizeRender.jpg

英語の先に、広がる世界へ

日本の人口は、約1億2千万人。

英語人口は、約17億人。

英語を話すとあらゆる可能性が開け、想像もしないような未来に連れて行ってくれます。外の世界とつながることで、広い視野が身につき、ご自身の豊かさを多くの人々と分かち合えるようになり人生が豊かになります。

スクリーンショット 2017-11-09 21.33.11.jpg

生徒さんの成果とご感想

Kさん

職場の外国人の方と英語で話すようになりました。

「何より英語に対する不安や抵抗がとても少なくなり、次のレッスンやこれからが楽しみになっている自分にびっくりしています!

ゆかりさんなら話やすいし、スムーズにコミュニケーションが取れる安心感があった。最初は緊張からあまり話せなかったが、だんだんと自信がつき、楽しく話せるようになった。そして英語に対する不安が少なくなった。もっと早い時期、例えば学生時代にレッスンを受けていればもっと吸収できたと思う。

英語も日本語も習得できるようになるにはコミュニケーション能力なのだと実感しました。まずは、自分にはどんな先生が合うか体験することが大切だと思います」

 

Tさん

高校時代に英語を諦めたため、文法や単語を忘れているところから、今では外国人旅行客の道案内をするようになり、初めて一人で海外旅行に行ってきました。

「日本語ができないネイティブに英語で英語を教わっても理解できないし。ゆかりさんは日本にいても流暢に英語を話せるようになったのでその方法を聞いて自分でもやってみようと思ったからです!複数人のレッスンだと周りが気になり、聞きたいことが聞けなかったり自分のペースで出来なかったりすると思い、マンツーマンのレッスンが良いと思いました!」

 

Hさん

1つの文章が言い切れないところから、英語だけで60分間仕事について会話ができるようになりました。

「自分のレベルと目標に合わせてレッスン内容を設定し、たくさん発言する機会を与えられるので、レッスンを重ねる度に大きな充実感を得られます。精神面での変化としては、英語で話すことについて抵抗感がなくなってきました」

 

Rさん

1つの文章が言い切れないところから、自分のことを10分間英語だけで説明できるようになりました。

「レッスンを重ねてまだまだスムーズに言葉が出てくるには程遠いですが、それでも毎『こうしたらいいのか!』というコツをみつけることが出来ています。

今日は伝えたい事を日本語脳のまま英文にするのではなくて、言いたいことを一旦、英語脳にする脳内変換みたいな作業があるのとと無いのとでアウトプットの質が全然違う!と気が付きました。

まだまだ伝えたい事をそのまま英語にして伝えようとしてしまうけれど、アウトプット時のコツを少し掴んだ感覚があります。

まだまだ思い描く道のりには遠いですが毎回楽しみながらのレッスンで今後も楽しみです」

 

Sさん

1つの文章を言い切るのが難しいところから、5分間英語だけで近況について会話できるようになりました。

一言でいうなら先生が優しい!ついつい自主学習を後回しにしがちで(すみません…)、レッスンの時に設定された目標ページまで進んでいなかったとしても、できたところまででフォローしてくれるので、「ちゃんとやらなくちゃ!」という意識が働く。(できるできないは別として。笑)

日本語で喋る時間と英語で喋る時間を分けているので、困ったときに質問がしやすく安心感がある。前回の復習もしてくれるので、忘れてしまっていることも「あ!そういえばこう言うんだった!」と思い出せるし、「今度はそれを使って更にこんな言い回しをしてみよう!」と意欲が湧く。 そして、出来るようになったことに対して必ず褒めてくれるのでやる気が出る。(←大事!)

また、個人レッスンの醍醐味として、自分に合ったペース配分と、自分に合った例文を提示してくれるので、より実践的で、学びたいと思うことが学べていると思う。 「英語ってそうだったんだ…」 「この単語にはこんな意味もあったんだ!」 「こんな言い回しもあるんだ!」 が知れるので、とにもかくにも始めたばかりだけど楽しい!のでした。

 

FullSizeRender.jpg

ご質問はメール(yukari.shin.toda@gmail.com)にて受け付けています。

 

“Every achievement comes with your first step.”

どんな成果も、まずは最初の一歩から。